wejhnfjkjf

ブランク看護師の気になる復帰支援最新情報

復帰支援態勢は整っている?

wejhnfjkjf

看護師向けの求人情報には、
ブランクのあるナース向けに、さまざまなメリットを
前面に出したものが比較的多く見られます。

その中でも、もっとも重要視されているのが、
採用後に研修期間などを設けている、復帰支援態勢があります。
 

仕事に就いてすぐに現場に出るのではなく、
ブランクの間に進歩した看護技術や、医療機器の取り扱い
についてのレクチャーなどを受けることができ、

安心して現場復帰できるような配慮からです。
 

比較的多いケースでは、午前中はこのレクチャーや研修を受け、
午後からは現場の責任者やリーダーなどについて、
現場で実践を積むといったものです。

 

 

夜勤への配慮も様々

また採用条件にもよりますが、
夜勤態勢を採っている医療機関でも、看護業務に慣れるまでは
夜勤には入らなくて済むように配慮されているところが多い
です。

またある程度慣れてからでも、夜勤に入る時には、
やや多めに人を配置するなどして、
大きな負担がかからないような場合が一般的です。
 

このような医療機関における、復帰支援態勢に関しては、
一律に研修期間が決められているというよりも、

その本人がどの程度、看護の現場に適応できているのかを
判断したうえで決定していく
ので、
負担やストレスなく看護の現場に復帰できます。

 

 

自発的に研修に参加しよう

nmcnjhdf

医療にかかわる仕事をしていくうえで、
小さなミスも大きな問題になりますから大変な緊張感を伴います。

そのため、結婚や出産などで職場を離れて
ブランクのある方がナースとして復帰しようとした場合、
不安は通常の仕事と比べて非常に大きなものとなっていきます。
 

あまりに仕事を離れていた期間が多い方は、求人に応募する前に
自発的に研修などに参加していくとよいでしょう。

必要な知識は以前と変わっていることもありますので、
そういった情報収集をしておくことが
採用後の仕事をスムーズにしていくコツです。

 

 

チームワークを意識して働く

また、医療はチームワークが必要な仕事でもありますから、
そこをしっかり意識して毎日の仕事に励みましょう。

報連相をきちんとするなど、社会人として基本的なことも
もう一度意識しつつ
仕事に取り組むようにしてください。
 

また、あまりにもブランクが長い人の場合、
上司が年下ということもあります。

そういった場合に失礼な対応をしないように、
上司としての経緯を失わないような言動を心がけましょう。
 

また、過去の経歴や経験談をむやみに話すのも、
うるさがられる場合もあるのではじめは避けたほうが無難です。

意見を求められたら話す、という程度にとどめるとよいでしょう。