mfcjiuhst

初心者の気持ちと積極的な質問が重要!

mfcjiuhst

未経験看護師にとって少し複雑な気持ちとなるのが、
自分は新人なのか否かという部分です。

看護師の資格を取得してすぐの新人とは少し違うけれど、
臨床経験が無いという部分は新人看護師と変わりは無い
という状態ですよね。

 

特に、他の社会人経験を持つ人にとっては、
少し中途半端な気持ちとなることがあります。

まず、未経験看護師が研修などで学習する際、
初心者の気持ちで受講することが大切になります。

 

新卒看護師と比べて、看護師免許を取得するために
勉強した内容を忘れているという事は多いはずです。

過去に勉強した事を忘れていたり、
その時とは違う常識が出来ている場合もありますよね。

 

いくら社会人としての経験があっても、
初心者の気持ちに戻る事はとても大切ですよ。

研修や実際に現場に入った場合にも、
分からないことは多くあると思います。

 

自分で調べて解決することも大切ですし、
研修の講師や先輩看護師に質問し、
分からないことを解決することが重要です。

看護師の仕事は現場での経験を積み重ねて覚えていくものです。
その現場で経験を積む時に、積極的に分からないことを質問し、
解決していくというのは一番大切なことなんですよ。

 

 

dmfughert

研修や勉強会ってどうやって探すの?

dmfughert

未経験看護師にとっての現場は、やはり少し怖いと感じたり、
不安に思ったり、仕事が出来るか自信が無いと感じたり、
どうしても積極的に現場に入ることが出来ない看護師が多いんです。

このような不安を解消する方法として、
研修制度を利用する方法があります。

 

地域の中核病院や大学病院などでは、新人教育だけではなく、
未経験看護師やブランク看護師の復職支援における研修が充実しています

地域に大きな病院がないところでは、
製薬会社で薬の勉強会を実施しているところもありますよ。

 

直接看護知識や技術を学ぶことは、製薬会社の研修では難しいにせよ、
薬について知る事ができますので、
医療に携わることに対しての気持ちがわくと思います。

このような研修制度や勉強会というのは、
様々なところで実施されているんです。

 

ですが、普通に生活していても、どこで研修が行われ、
どこで勉強会が行われているのかという事は、
なかなか分かりませんよね。

ネットで検索すると、
研修会や勉強会などの実施情報をすぐに探す事が出来ます

 

また、各都道府県に設置されている看護協会でも、
研修が行われていますよ。

こちらもネットで検索することが出来ますので、
ぜひ一度検索してみてくださいね。

 

 

mjfiuhert

未経験者だからこそ大きな病院を選ぶこと

 

mjfiuhert

経験が無いために、大きな病院で勤務することは、
とても不安に感じるという未経験看護師は多く居ます。

ですが、小さなクリニックなどは、
実は未経験看護師にとって良い職場とは言えません

 

その理由として、小さなクリニックでは人員配置が少なく、
看護師としての仕事をしっかりとこなす必要があるからなんです。
教育や研修などの制度もあまり無いところが多いんですね。

反対に、大きな病院は確かに忙しいイメージがあるかもしれませんが、
研修や教育の制度がしっかりと整っているんです。

 

新人教育や未経験看護師の教育、
ブランク看護師の教育などを積極的に行っている病院は多いんですよ。

未経験看護師の場合、
このような研修制度がしっかりと整っている職場の方が、安心できます。

 

大きな病院では研修制度があり、
小さなクリニックでは即戦力が求められるという事は、
やはりその病院自体の個性にも関係していると言えます。

小さなクリニックや中堅の病院、福祉の現場において、
未経験OKという求人はありますよね。
ですが、完全な未経験の場合には採用されづらいのが実情です。

 

もしもの時に看護師としての判断力が問われますので、
看護師の知識や技術があることが前提なんですね。

少数の看護師で仕事を行う事になりますので、
未経験でも出来るといえど、働く側も施設側も、
やはり未経験者という点が心配なんです。

 

 

fmeurht

「未経験OK」よりも「未経験者研修制度有り」を選ぶ

fmeurht

未経験看護師にとって、求人を探す際
「未経験OK」の記載があると、安心して勤務できそうだと感じますし、
採用してもらえると感じると思います。

ですが、この「未経験OK」というものは、
あくまでも”未経験者でも採用するくらい人手不足です
という意味でもあります。

 

仮に、未経験者ではなく経験者からの応募があった場合には、
経験者が優先されます。

このような求人よりも、「未経験者の研修制度があります」
という記載がある求人の方が、
未経験者に対して優しい職場となっていることが多いんですね。

 

この一言の違いは、未経験者に対してしっかりと研修を行う事を、
求人側がアピールしているのかしていないのかの違いです。

未経験看護師にとって、
看護師免許以外にアピールすることが出来る材料があれば、
採用に有利となることがあります。

 

社会人としての経験がある場合、
社会人としてのマナーやコミュニケーションスキルを持っていますよね。
ですので、この辺りをアピールすることもおすすめですよ。

未経験であることが不安な場合には、
看護協会に相談してみることをおすすめします

 

研修制度や教育制度が整っている病院を紹介してもらうことが
出来る場合もありますよ。

看護師の資格を持っているのに看護師として働かなかった理由については、
ある程度まとめておくようにしましょう。

 

 

fnmuhwret

経験豊富な看護師でも復職には注意点があります

fnmuhwret

結婚や出産、育児などによって
看護師を一旦辞めてしまう人は、とても多く居ます。

ですが、ある程度生活が落ち着き復職を考えるようになったり、
こどもの手が離れたために復職を考えるようになる人が多いのも、
看護師の特徴ですよね。

 

特に、育児がひと段落すると、
教育資金のために復職を考える看護師が多くなります。

とはいえ、復職してもスムーズに仕事に戻ることができるのか
というと、問題があります

 

実は、ブランクのある看護師が復職をするとなると、
ある程度の壁があるんです。

医療は常に進歩していますし、
少しの期間でも医療技術や看護技術に違いが出ることが多くなります。

 

経験豊富な看護師だったとしても、
その違いには戸惑ってしまうものなんですよ。

過去に習得した看護技術や知識というのが、
そのままでは今の医療現場で通用しないという事も多くなります

 

過去の常識は、
今では非常識になってしまっていることもあるんですね。

ブランクの長い看護師の場合、
さらにギャップを感じてしまう事になります。

 

復職を考える際には、まずこのようなギャップがある
という事を理解しておかなくてはなりません。

いくら経験がものを言う看護師の職場であっても、
自分にとっては初めてとなる技術や知識もありますよね

 

そのような事を理解し、進歩する医療現場に馴染むことや、
挑戦していくという心構えも大切になるんですよ。

 

 

mduiwhrt

希望する良い条件の職場に復職するには

mduiwhrt

常に人手不足となっている職業の代表といえば、看護師の職です。

医療現場でさえ看護師不足とされているのですが、
最近では医療現場以外でも看護職が必要となっている施設が
増えているんです。

 

そのため、看護師の免許を持っていながら仕事をしていない
「潜在看護師」に復職をしてほしいと考えている施設は
とても多くあるんですよ。

看護師という職は、もう一度働こうと考えた際に
比較的復職しやすい職でもあるんです。

 

ただ、そのためにもっと高い給料の職場を選びたい、
プライベートの充実をはかりたい、

もっと条件の良い職場を選びたい、
というような希望が高くなってしまうという点があります。

 

病院側としては勤務してほしいと考えているため、
看護師側の良い条件で働きたいという部分の、
待遇や給料面などで折り合いがつきづらいという問題もあります。

待遇が良い職場というのはやはり人気がありますよね。
そのため、求人が出るとすぐに応募者が殺到し、
決定するということになります。

 

逆に待遇がいまひとつという職場では、
いつまでも応募が無いということもあります。

条件の良い職場で復職したいという場合、
すぐに応募者が殺到し決定してしまうような職場の求人情報を、
常にチェックしておくことが大切です。

 

もし希望している病院やクリニックがある場合には、
その病院のサイトや医療機関の周辺などで募集が行われている可能性も
ありますので、しっかりと確認するようにしたいですよね。

 

 

dmjwuhet

復職には勇気とやる気が大切!

 

dmjwuhet

以前はカルテが手書きでしたが、
今は多くの病院で電子カルテが導入されていますよね。

看護記録の書き方も変更され、
自分や家族の病気の際に病院に行ったら、
みたことも無い機器があったりします。

 

自分はこのような新しい機器を使って仕事をすることができるのか
と不安になり、看護師の感覚が思い返せないという人も居ます。

一度臨床を離れた看護師の多くは、
自分が働いていた頃と今の現場の違いに、
大きな不安を感じるものです。

 

ですが、このような不安を解消し、
復職している看護師もとても多いんですよ。

実は、このような不安を解消するための研修制度を
用意している病院がとても多くあるんです。

 

今の病院で働く上で必要となる知識を、
復職時にしっかり指導してもらうことが出来ますよ。

今の現場に不安を感じているという看護師の場合、
新人看護師にも同じような不安があったのではないでしょうか。

 

新人時代には先輩看護師につき、
1年以上かけて現場を学んだという看護師も多いですよね。で

すが、一度臨床を経験している看護師の場合、
ある程度復職研修を受けると、少しずつ看護技術を取り戻したり、
感覚なども思い出すことが出来ますよ。

 

少し自転車に乗らなくても、
練習すればすぐに乗れるようになる事と同じです。

ただ、初めは少し勇気が必要となるように、
復職にあたっても少しの勇気とやる気が必要なんですね。

 

逆に、そのような気持ちさえあれば、
スムーズに復職することが出来ますよ。

 

 

fmjsuht

復職する際の不安は研修で解消しましょう!

fmjsuht

看護職は、最近では男性も多くなってきましたよね。
それでもまだまだ女性が多い職場です。

女性の場合、ライフステージの変化により、
どうしても仕事を続けられないことが多く、
結婚や出産などで現場を離れることになる人も居ますよね。

 

ですが、ある程度落ち着くと、
再び看護師として現場に戻りたいと考える看護師も多いんです。

ですが、いざ現場に戻ろうとしても、
自分の知識が合っているのか不安に感じたり、
技術の衰えを懸念したりします

 

臨床現場を離れていた期間が長ければ長いほど、
この不安は大きくなるものですよね。

実は、復職を考えている看護師の多くが、
この不安を抱えているとされています。
ですが、復職をする看護師はとても多いんですよ。

 

この復職を支えるためのカムバック研修というものが、
看護協会をはじめ様々な機関で行われているんです。

3日~1週間程度のカリキュラム内で、
不安に感じている知識や技術の復習などを行う事が出来ます。

 

臨床を離れていた間に新しく導入された知識や技術を
習得することだって可能です。
復職を検討している看護師は、ぜひ利用してみてくださいね。

 

 

wejhnfjkjf

ブランク看護師の気になる復帰支援最新情報

復帰支援態勢は整っている?

wejhnfjkjf

看護師向けの求人情報には、
ブランクのあるナース向けに、さまざまなメリットを
前面に出したものが比較的多く見られます。

その中でも、もっとも重要視されているのが、
採用後に研修期間などを設けている、復帰支援態勢があります。
 

仕事に就いてすぐに現場に出るのではなく、
ブランクの間に進歩した看護技術や、医療機器の取り扱い
についてのレクチャーなどを受けることができ、

安心して現場復帰できるような配慮からです。
 

比較的多いケースでは、午前中はこのレクチャーや研修を受け、
午後からは現場の責任者やリーダーなどについて、
現場で実践を積むといったものです。

 

 

夜勤への配慮も様々

また採用条件にもよりますが、
夜勤態勢を採っている医療機関でも、看護業務に慣れるまでは
夜勤には入らなくて済むように配慮されているところが多い
です。

またある程度慣れてからでも、夜勤に入る時には、
やや多めに人を配置するなどして、
大きな負担がかからないような場合が一般的です。
 

このような医療機関における、復帰支援態勢に関しては、
一律に研修期間が決められているというよりも、

その本人がどの程度、看護の現場に適応できているのかを
判断したうえで決定していく
ので、
負担やストレスなく看護の現場に復帰できます。

 

 

自発的に研修に参加しよう

nmcnjhdf

医療にかかわる仕事をしていくうえで、
小さなミスも大きな問題になりますから大変な緊張感を伴います。

そのため、結婚や出産などで職場を離れて
ブランクのある方がナースとして復帰しようとした場合、
不安は通常の仕事と比べて非常に大きなものとなっていきます。
 

あまりに仕事を離れていた期間が多い方は、求人に応募する前に
自発的に研修などに参加していくとよいでしょう。

必要な知識は以前と変わっていることもありますので、
そういった情報収集をしておくことが
採用後の仕事をスムーズにしていくコツです。

 

 

チームワークを意識して働く

また、医療はチームワークが必要な仕事でもありますから、
そこをしっかり意識して毎日の仕事に励みましょう。

報連相をきちんとするなど、社会人として基本的なことも
もう一度意識しつつ
仕事に取り組むようにしてください。
 

また、あまりにもブランクが長い人の場合、
上司が年下ということもあります。

そういった場合に失礼な対応をしないように、
上司としての経緯を失わないような言動を心がけましょう。
 

また、過去の経歴や経験談をむやみに話すのも、
うるさがられる場合もあるのではじめは避けたほうが無難です。

意見を求められたら話す、という程度にとどめるとよいでしょう。